カテゴリ:仁作寄席( 27 )

 

第26回 仁作寄席

d0092969_11131486.jpg


天高く青空澄み渡り、静かに横たわるうろこ雲。
深まる秋に辺りの景色もすっかり落ち着き、
薄紅いろのコスモスが
はかなげに揺れる夕暮れ、
赤く燃えた太陽が急ぎ足で沈む。

熱いあつーい夏が、
ようやく去ったと思う間もなく、
秋は突然のように強烈な台風をつれてやってきました。
先週に次いで今週ままたスーパー台風が列島を襲っています。

大変長い事、仁作寄席お休みしておりました。
秋の夜長、噺家さんをお呼びして、
楽しいひと時を皆さんと過ごしたいと思います。

今回お呼びいたしました落語家さんは、
春風亭一蔵さんです。
東京都出身の33才 
趣味がダイエットという明るく陽気な、
ちょっと太め?な面白い人です。
きっと皆さんを大笑いさせてくれることでしょう。
[PR]

by yokoy30 | 2014-10-13 11:15 | 仁作寄席  

仁作寄席出演者変更のおしらせ

一週間後に迫りました仁作寄席の出演者が変わりました
三遊亭歌武蔵師匠になりました
相撲界出身の寄席の世界でも独特の雰囲気を持つ、お話の
大変面白い噺家さんです。
どうぞご期待してください。
[PR]

by yokoy30 | 2013-12-05 07:43 | 仁作寄席  

仁作寄席のお知らせ

ちょっと早いようですが、暮れに向けての準備です。
12月10日(第2火曜)に今年最後の仁作寄席が決まりました。
噺家さんは 金原亭世之介師匠。
前回ご出演頂いたのは、
今歳の始めの仁作寄席、2月5日でした。
今回文字通り、トリを務めて頂きたく、
お願いをして叶いました。

毎回開催が決まると、
北総読売さんの地域新聞に、
催事案内で記事を載せてもらっています。 
掲載は毎月第3金曜日です。

d0092969_18143313.jpg
d0092969_18151633.jpg
[PR]

by yokoy30 | 2013-10-16 18:15 | 仁作寄席  

仁作寄席 開催のお知らせです

第22回仁作寄席
9月3日 (火曜日)に決まりました。
今年に入り3回目たなりますが、
前回が5月でしたので、少しゆっくりしたように思いますが、
梅雨の時期や、それを跳ね返す灼熱地獄の暑い日を思いますと、
少し涼しい風でも感じる頃がよろしいかと思いました。
今回ご出演頂きます落語家さんは、
古今亭駿菊師匠です。
歳の頃ならノリにノリます、アラフィフです。

d0092969_10405156.jpg


仁作寄席初回からの
出演者一覧、延23名です。

d0092969_104241.jpg
d0092969_10565499.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2013-07-05 10:57 | 仁作寄席  

第21回仁作寄席

不定期ながら、だいたい3、4か月に一度くらいの開催を心がけている仁作寄席。
早くも今年に入り二回目の催しが決まりました。
前回は、寒い最中の二月でしたが、大勢の皆様にお出で頂きまして、
金原亭世之介師匠のお話に惹きつけられ盛り上がりました。

春の嵐の強烈な気象現象で、
春本番をゆったりと迎えた程の観賞もないまま、
花見の時季が過ぎようとしてます。
桜の樹には青葉が爽やかさをましてきました。
又皆さんとご一緒に、噺家さんの楽しい話に、
春の宵を、酔いしれてみようでは有りませんか。

今回ご出演頂きます噺家さんは、
柳家三之助師匠です。
あの人間国宝であった、柳家小さんの孫弟子だそうです。
楽しみですね。
店内でチケット発売中です。
まだじゃっかんの余裕が有りますので、
是非お出かけくださいませ。
d0092969_1923246.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2013-04-10 19:21 | 仁作寄席  

落語 ”文七元結”を聞く

暦の上では、立春となり、
うららかな日差し待たれる頃ではあるが、
例年この時期が一番寒い様な気がします。
春を待つ気持ちが膨らむほどに、
余計に庭の樹揺らす北風や、突然に風ってくる粉雪に心乱れます。

二月五日、仁作寄席が有りました。
d0092969_18252578.jpg

第二十回目となる節目の回と言う事もありまして、
この日の高座は
真打 金原亭世之介師匠出しもの 文七元結
ご存じ、博打好きの父親がすっからかんで朝帰り、
女房子供を泣かせるわ、
挙句に、娘を吉原の旦那に下働きに預け、
五十両を懐に、これで明日からは真面目に仕事をして、
毎日少しずつ返していくと思っていたが!!!!!

落語の話に根っからの悪者はあまり出てこないですよね、
粗忽者、慌て者、お人よし 
特にこの話は憎むに憎めない主人公と太っ腹な善人ばかり。

とても良い一席を聞かせて頂きました。
久しぶりの感動でした。
何回か有名な噺家さんの高座も見に行ったり、
聞いたりはしていましたが、
店内席を並べて50隻足らずの狭い空間でしたが、
まるで大舞台の噺家さんの話を聞く様な興奮を覚えました。
辺りを圧倒する切り口と、切り返しの見事さ、
テンポの良さがその世界に張っていけました。

さわりの辺りに来た時に、会場の空気が凛としたものに変わりました。
私は後ろに確かにけはいを感じました。

噺家さんによってお話もいろいろな表情を持ちますけど、
世之介師匠は立居振る舞いからして、正統派を感じる威厳が有りました。
本当に久しぶりに素晴らしい落語を聞かせて頂きました。
[PR]

by yokoy30 | 2013-02-08 10:48 | 仁作寄席  

三周年記念 仁作寄席

見渡す木々が、緑の心地よい風を運ぶ頃になり、
足元にのびる雑草さえも、青々としたやわらかな感触が気持ち良い。
一年で、いちばん爽やかで、過ごしやすい季節となった。
と思っていたが、最近はちょっと異常としか言いようがない。
竜巻やら突然の夜半の雷、はたまたとてつもない大きさのひょうが各地で降っている。
何とか穏やかな朝を迎え、数日後に来る金冠日食をみたいものです。

さて恒例となりました仁作寄席も、この7月にお陰さまで3周年を迎えます。
沢山の皆様にご声援とご協力を頂きまして、
毎回盛況のうちに噺家さんをお迎えできたこと、
本当に感謝に堪えません。
有難うございます。
今回第18回目となりました。
仁作寄席は久々の実力派 林家しゅう平師匠
真打歴12年のベテランでです。
又是非皆さまのお出かけをお待ちいたしております。
どうぞ宜しくお願いいたします。
チケットは店内にて本日から発売いたしております。
d0092969_735246.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2012-05-19 07:06 | 仁作寄席  

盛況でした。

今年初めての仁作寄席。
お陰さまで満員御礼。
盛況のうちに終わりました。

やれやれです。
何しろ、今年はいつまでも寒く、
皆さんお出で頂けるか心配でしたが、
遠くから見えられた方も多く、
大変盛り上がり、本当にありがとうございました。

そして、今年最初のご出演は、
この仁作寄席の企画をしていただいている、
入船亭扇海師匠。
そして紙切り芸人の林家楽一さん。
お二人ともサービス精神旺盛で、
皆さんをとても喜ばせて下さり、
紙切りは打合せもないリクエストで、
いろいろ切って頂き、みんな大喜びでした。
わが夫も、ちゃっかり自分の干支である辰を切って頂きました。

d0092969_16583035.jpg


今年最初のイベントも終わりちょっと一息?
久しぶりの読書。

図書館で何気なく目にとまった題名、
”花筏”、題名に引かれて手に取ってみた。
作者も知らない人でした。

あの文豪谷崎純一郎の、
細雪に出てくる実在の人間の話でした。
特に谷崎夫人と言われ、
めくるめく様な人生を歩んだ主人公に、
目が釘ずけになり、
一気に読んでしまった。
改めて細雪を読んだらきっと面白いだろうと思う。

d0092969_17181872.jpg

d0092969_17193430.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2012-03-23 17:19 | 仁作寄席  

第17回 仁作寄席

仁作寄席のお知らせです。

辰年で明けた2012年、
今年こそはと心に誓う事は多々あります。
ですが、正月気分も終わる頃には、
いつもの生活が当たり前のように、
何の屈託もなくドカンと居すわり、
平凡な日常が繰り返されるのです。

まぁ~それはそれで良いのですが、
今年は夫が辰年なのです。
昇龍のように、運気を上げて上昇気龍にしたいものです。
日本列島景気上昇になるよう、皆で頑張りましょう!

さて、今年初めての仁作寄席の開催が決まりました。
今回は新春寄席に相応しく、満を持しての噺家さんです。
この仁作寄席を企画しておりますご本人の、
入船亭扇海師匠。
そして今回はお二人です。
紙切り芸人、林家楽一さんです。
お二方とも、エンターテイメントの高い芸をお持ちです。
きっと楽しいひと時を約束してくれると思います。

皆さんのお出かけを、心よりお待ちいたしております。
店内でチケット発売中です。
どうぞ宜しくお願いいたします。

d0092969_9545750.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2012-01-25 19:15 | 仁作寄席  

第16回仁作寄席

仁作寄席のお知らせです

継続は力なりと言いますが、続ける事に意義があるように思います。
この仁作寄席も、2,3ケ月に一度くらい、
年に数回の開催ですが、スタッフにも恵まれ、
何よりもお客様の熱い声援と後押しを頂き、
気がついて見ればもう3年が過ぎようとしてます。
ご出演頂いた噺家さんも、今や売れっ子となり、
テレビやマスコミにその名を見る事もあり、
なんだかとても嬉しくなります。

今年最後と成ります仁作寄席は
12月6日(火曜日)に決まりました。
噺家さんは 三遊亭 歌橘 (さんゆうてい かきつ)
フジテレビの、ペケ×ポン に出ております多分皆さんも顔を見たらあぁ~と
うなずくと思います。
とても努力家でアメリカ大陸まで、落語を広めようとしてます。

もう店内にはポスターも張り出し、チケットもご用意いたしました。
今回も売れ切れ必死でございますので?どうぞお早目のお求めお願いいたします。
d0092969_16573033.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2011-10-23 16:58 | 仁作寄席