桜見物から落語鑑賞へ

今年の桜は、それはもう私にとっては最高のお花見となりました。
開花の様子をテレビで見るたびに、今日の天気が気になるほど、
このところ寒かったり雨が降っていたり、
吹き飛ばされそうな突風が列島を駆け抜けたりで、
気分爽快とはいかず、愛犬の散歩で、
近くの公園の桜を、寒い寒いと言いながら、
綻びの遅いつぼみを眺めていた。

ところが、2、3日前突然暖かい日がやってきた。
するとどうだろう、
この私のお休みに照準を合わせたように一気に満開となり、
昨日の6日は絶好の花見日和となり、
かねてよりチケットを購入していた国立劇場へ、
桂文珍と柳家花碌の落語を聞きに行く予定であったので、
願ってもなく、
千鳥が淵から武道館へと花見見物となりました。

毎年お馴染みのスポットではあるが、
この日は上着を脱ぎ捨てるほどの暑さで、
折から武道館では、東洋大学の入学式があり、
真新しいスーツを身をつけた新入生が、
近くに溢れていた。

d0092969_20121112.jpg
d0092969_20134590.jpg
d0092969_20144135.jpg




関西落語界きってのインテリ、桂文珍。

初めての国立劇場で、十日間連続の独演会。
運良くチケットが手にはいり、楽しみにしていた。
それに今日のゲストは柳家花碌。
なんと贅沢な!

出し物 ”らくだ”。
長屋の厄介者が死んで、始末に追われる住人のやり取りが、
文珍の、ふくよかな関西弁と表情に和まされるような笑いに引き込まれた。

d0092969_23431888.jpg


落語とお花見を堪能した、最後の楽しみは、
久しぶりのショッピング。

日本橋三越に向かい、
友人の仕事先である6Fの ”Giorgio Grati” に寄り、
これから、初夏に向かい楽しくなりそうな、
ピンクのシャツブラウスと、カーディガンを買った。
今度はこれを着て鎌倉でも出かけてみよう!

d0092969_23541751.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2010-04-07 20:15  

<< 高く泳ぐやこいのぼり 春いろ ゆらゆら >>