江の島そして鎌倉へ

江ノ電に乗って!

この日は梅雨の真っただ中。
降るでもなく、晴れるでもなく、
出かけるには,ちょうど良いと思えるよな朝でした。

何しろ鎌倉とは、同じ関東エリアにありながら、
観光で出かけるには、恐ろしく近くて遠いスポットでありました。
なんとなく、古都巡りなんかしてみようかと思うときは、
どう言うわけか、新幹線で光は西に、気持ちは京都でした。

鎌倉にいく交通手段さえも、私の中では定かでなく、
東京駅から湘南方面行きというのは、
なんとなくその地名を聞いただけで気後れするような、
馴染みのなさがありました。

鎌倉で、立川談春の落語会があり、
そのチケットが火曜日であったため、
早速手配して購入できたものだから、
思わぬ形で、鎌倉ナイスディの一日が始まりました。

まず、東京駅より東海道線で藤沢にでて、
藤沢から始発の江ノ電に乗り、
江の島、鎌倉を目指すことにした。

これだけ有名なローカルにして、
情緒溢れる江の島電鉄を、私は未体験乗車でした。

d0092969_21250100.jpg


江ノ電の6月は紫陽花見物のひとでいっぱい
山間の小さな町をゆっくり走る、人の生活を彩るように、時にびっくりするほど
家の軒下を、手が届くような車が止まり、極楽寺に近いその場緒は
その先にはるか江の島の海岸が広がっている。

d0092969_4381995.jpg


d0092969_4395315.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2010-07-01 21:25  

<< 戦後いちばん暑い夏 いざ鎌倉へ! >>