初秋の訪れ

キンミズヒキソウ
高く青く、澄み渡った大空に、
白い鱗をいくつも重ねたいわし雲がながれる。
殺気だったようなあの夏の暑さが嘘のよう。
爽やかな冷気を包んだ秋風が気持ち良い。
こんな季節が、いちばん落ち着く。

わずかばかりの庭先にも、秋の野草が色を染め、
あっちこっちと無造作生い茂る。
去年植えた彼岸花が細長い茎だけ残し、
根元にはもうにらのような葉がたくさんでている。
葉先花後と言うから来年は沢山咲いてくれるだろう。

アカマンマやミズヒキソウが、
シランやどくだみ草の根元に力強く根を張り、
地味ではあるけど、赤い穂先をゆらしてる。
秋の草花は本当にひっそりと、野辺に咲いている姿がよく似合う。

ミズヒキソウが咲いているのを見つけると、
なんだか根こそぎ取ってきたくなり、
いつもこうして籠に入れて室内おいてみたくなる。
落ち着いた床の間も良いけど、意外とテーブルの上も私に秋を感じさせてくれる。

d0092969_1925232.jpg


d0092969_1626504.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2010-10-18 15:39  

<< 今年最後の 第12回仁作寄席 第11会 仁作寄席 >>