春の足音

暖かい春を待ちわびるこの時期、気紛れな天気に芽吹き始めた草花も
緩んだ土の中からほんの少し顔を出しては、首をすぼめて辺りを見渡している様子

春の花の色はは柔らかない日差しに、はっとするような黄色がとても良く似合う
まだ凍っている土の中から福寿草が少し厚ぼったい黄色で目覚め
自己主張するかのように水仙もたっぷりの葉とともに地面を揺らす
散歩の道すがら、庭の片隅に蝋梅が透ける姿を陽にかざしている光景などは
思わす佇み見上げてしまう

そして、レンギョやエニシダ、マンサク、など黄色い植物が輝きはじめる
生命力にあふれる萌黄色の芽生える頃、待ちわびていたのものが、溢れる様な
弾けるような躍動感に覆われる気がする

浅黄から黄色、黄色から若草色と生命力にあふれる微妙な変化を
春風に吹かれながら肌いっぱいにキラキラした陽光を浴びていたい。

d0092969_957738.jpg
d0092969_95846.jpg

d0092969_8362742.jpg

[PR]

by yokoy30 | 2009-03-12 09:52  

<< ごちそうさまでした 寄席デビュー 麻衣 >>